響 4杯目

今日は食べたいラーメンが2つあった。その一つをすでに食べての帰り道・・・ちょっと覗くだけだからw 多分混んでるよww もう売り切れてるんじゃないwww  などと考えながらバイパスを歩く。「響」に着いたのは12:00少し前。入口には「限定」の貼り紙。そして店内は半分の空席・・・。

八王子 響 春のアサリとトマトの塩ラーメン 限定メニュー

響 アサリとトマトの塩ラーメン 限定メニュー

気が付いた時には「限定」の食券を買ってカウンターの最奥へ進んでいましたw
まぁ~なんにせよ食べられるときに食べておかないと・・・。この限定の「アサリとトマトの塩ラーメン」が何故そんなに食べたいか?と言うとですね~ 僕が「トマト好きだから」ってのも勿論なのですが今回に限っては「アサリ」なのです!響さんの店主は立川の「純子」というお店の元店長でそのお店のキャッチが「貝出汁しっぽりラーメン」だったのですよ!これは是非とも試してみたい!と・・・。思いません?思いますよね~w

八王子 響 春のアサリとトマトの塩ラーメン 限定メニュー八王子 響 春のアサリとトマトの塩ラーメン 限定メニュー八王子 響 春のアサリとトマトの塩ラーメン 限定メニュー八王子 響 春のアサリとトマトの塩ラーメン 限定メニュー

先客のラーメンは既に提供済みで10分程で着丼です!ちなみに後客3名で全員「限定」でした!
そしてそのラーメン!まずは香り。これが複雑で甘いトマトの香りにアサリの香りがミックスで他にも・・・重層な結構強めな感じです。連食ですが食欲が出てきました。トッピングは「響」さん定番の炙りバラチャーシューに玉葱のみじん切り、メンマに分葱と今回はアサリの剥き身にペーストがトッピング。とにかく今日はこのアサリが楽しみです。
麺は中細麺の低加水麺。以前食べた「ラーメン」と同じかな?ややカタメの茹で加減でサクサクとした歯切れのイイ輪郭のしっかりした麺です。そしてこのスープ!鶏ベースにトマトがかなり効いていて勿論アサリも。旨みか強めなスープです。素材だけを考えるとボンゴレロッソなのですが印象的に味の傾向はラーメンなのでやはり鶏が効いてるのかも知れませんね~ トマトも水っぽくなく味を十分に感じます。酸味は飛んでいて甘みが強めでした。アサリのペーストがソース状になっていてスープに溶かし込むと味変しアサリ(貝)独特の旨みが引き立ちます。

八王子 響 春のアサリとトマトの塩ラーメン 限定メニュー八王子 響 春のアサリとトマトの塩ラーメン 限定メニュー八王子 響 春のアサリとトマトの塩ラーメン 限定メニュー八王子 響 春のアサリとトマトの塩ラーメン 限定メニュー

チャーシューはバラで炒めて香ばしさを出したモノ。お味はタレがやや強めでした。終盤に卓上の粗挽きのブラックペッパーを入れてみましたが大きな味変とまではいかずスパイスの風味が加わった程度でした。卓上調味料は他にお酢と一味唐辛子。




八王子 響 春のアサリとトマトの塩ラーメン 限定メニュー

響 店舗外観

響さんは20号バイパス沿いにあり16号の「ジョナサン」のある交差点の少し西です。駐車場は3台分専用があるらしいですが入り難そうで店頭に地図がありました。(ご参照ください

アサリとトマトの塩ラーメン850円
★★★☆☆
旨みたっぷりな力強いスープに低加水麺の組み合わせ。かなり僕のこれまでの「トマト」とか「低加水麺」とかのイメージとはかけ離れたラーメンでした。改めていろんなラーメンがあるもんだな~と食べながら思ってしまった。このスープだったら他の麺とかもアリのような気もしますがそこが響さんの流儀なのかもしれません。トッピングにしてもあえてバラチャーシューにメンマと普段通りのモノを選択するあたり・・・。こちらの店主もかなり研究熱心だと思いますが意外と頑固なのかもな~(勝手な想像ですがw)。今後どんなラーメンが出てくるか楽しみですね~ ちなみに「アサリとトマトの塩ラーメン」イメージとは違ってましたが美味しかったです。

響 2017.3.10 訪問時 <<バジル鶏白湯ラーメン>>
響 2017.2.19 訪問時 <<背脂煮干しラーメン>>
響 2017.2.5 訪問時 <<ラーメン>>

東京都八王子市平岡町15-14
明光ビル1F